« 出不精 | トップページ | コンパクトカメラ »

写真関係の書籍

日曜日は思いもかけず引きこもってしまいましたので

本の紹介。

私が持っている多分最も古い本です。

愛宕 通英 著 

カメラとレンズの事典 ¥1100

昭和36年(1961年)10月10日発行

_C264085kai

師岡 宏次 著

現像 焼付 引伸の実際 ¥900

昭和31年(1956年)3月20日発行

どちらも日本カメラ社発行です。

当時、国家公務員の初任給8000円~10000円

コーヒー一杯50円~60円ですから

決して安い本ではありません。

二十数年前に叔父からもらったと記憶してます。

大切にしてたから、箱は黄ばんでますが本体は新品同様です。

内容は、工学、光学、化学の基礎は変わりませんから

充分役に立ちます。

著作権の期限が50年ですので、文章は載せませんが、

追々、受け売りの記事を書くかも知れません(^^

|

« 出不精 | トップページ | コンパクトカメラ »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133281/7850303

この記事へのトラックバック一覧です: 写真関係の書籍:

« 出不精 | トップページ | コンパクトカメラ »