« 空港。 | トップページ | 青空と »

事故に遭遇。

赤いポストを撮っていたら、、

トラックから積荷が落ちたような

そんな音が聞こえました。

Ber

木戸から歩道に出ると、、

歩道に

人とバイクが倒れていました。!

事故です。

「大丈夫ですか?」と声をかけて

意識があることを確認したら

「どこが痛いですか?」と聞きました。

「足が痛い。」と。

動くことも出来ないようなので

「他に痛い所は?」と聞くと

「足だけ」と言うので

徐々に集まってきた人の中の

”資料館”の方に救急車を呼んでもらって

めがねをはずし、ヘルメットを取りました。

体を起こそうとしていたので

電柱に寄り添わせるように

座らせました。

苦痛で声も出ないようです。

出血も無いようなので、

あとは声をかけつつ意識があることを確認して

歩道に横たわっているバイクを起こしました。

Acc4_1

救急車が来るまでの時間がものすごく長く感じました。

それでも5~6分でしょうか

警察よりも先に救急車が来て

救急隊員は手早く当人をストレッチャーに乗せ、

ヘルメットや荷物等はビニール袋に入れて

救急車に運びました。

巻き散ったエンジンオイルに吸着剤をふりかけ

早々に病院に向かいました。

バイクを移動させようとしたら

クラッチが切れません。

車体を前後させてギアをニュートラルにいれて

資料館の中に移動させました。

が、ここは小学校の土地らしく、

子供達が行き来するとのこと。

一緒にいた緑のおばさんに小学校に連絡してもらいました。

Acc1

やっと警察官が来ました。

一通り事情を説明したら

「もういいですよ。」とのこと。

事故発生から子一時間、

歩道は子供達の”福祉授業”の一環である、

車椅子体験の行列ができていました。

Acc5

ここは小学生の通学道路です。

あと一時間違っていたら、、、と思うとゾッとします。

ハンドルは曲がっているし

メーターカウルはヘッドライトごとはずれ、

右シュラウドはボロボロです。

Acc2

クラッチケースは縁石に激突したらしく

大きく割れていました。

Acc3

どの程度のけがの具合かは分かりませんが

生きているだけでも良かったです。

とてもとてもゆるい右カーブで

ほとんどバンクさせなくても通れるような現場です。

単独事故か、接触があったのかも当人しか分からないので

知らずじまいです。

危険箇所ですね、と、緑のおばさんと話して

学校側へPRすることにしました。

さすがに一通りの事を済ませないと

写真は撮れません。

事故直後の写真も撮っていたら

事後処理や保険等に役にたったのでしょうか。

|

« 空港。 | トップページ | 青空と »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

警察官はNOBUさんへ 「もういいです」 とだけ言ったとすれば、あまりにも口が足りませんね。本当ならばもっともっとお礼とねぎらいの言葉があってしかるべきです。本当にお疲れさまでした。警察官に限らずこのような人達が本当に多くなりました。警察官だけでも、もっと正義と人間愛に満ち溢れた人達がいて欲しいものです。

投稿: ライト | 2007年1月24日 (水) 07:56

ライトさん、こんばんは。
すみません。
言葉足らずは私でした。m(__)m
ひらがな一文字加えました。^^;

それほどつっけんどんな警察官ではなかったです。
当人が運ばれてから来たので
事情も当人に聞くようなことを言っていました。

「現着しました!」っていう無線連絡を
生で聞けました。^^

投稿: NOBU | 2007年1月24日 (水) 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133281/13633962

この記事へのトラックバック一覧です: 事故に遭遇。:

« 空港。 | トップページ | 青空と »