« E-410ハイライトコントロール | トップページ | E-410のAFについて »

E-410の撮影モード

コメントを頂いたので

撮り比べました。

明日も青空は期待できないようですし。。。

たいした解説はできませんし、主観ですので、

そこのところご了承ください。^^;

照明は500Wデイライトタイプです。

まずは

色再現の

仕上がりモード

E-410 ZD ED14-42 F3.5-5.6 ISO100 F9 42mm ESP測光

FLAT

211flat

NATURAL(これがデフォルト)

212natural

VIVID

213vivid

徐々に明るくなっているかのようにも見えますが

露出補正は与えていません。

よくある色鉛筆の撮影をしましたが、

ビビット感が分かりやすい部分は

左側の青い携帯灰皿の色合いと

ライターに写りこんだ色鉛筆の色ですね。

デフォルトのNATURALだとちょっとおとなしめに思えます。

次に諧調設定

ISO100 F9 仕上がりNATURALで

ハイキー

215hiky

画面全体が明るくなります。

ローキー

216lwky

諧調をシフトする機能ですね。

あらかじめどちらに補正するか

決めておくようなことです。

ヒストグラムをみると

山の形状はそのままで

ハイキーは白側に伸び、

ローキーは黒側に圧縮するようになってます。

標準(上述、NATURAL)は

多分一般的には暗めかもしれません。

ちなみに

これをスポット測光

ハイライトコントロールでは

217hsp

ライターの反射部を白としているようです。

シャドウコントロール

218lsp

緑の色鉛筆を黒く落としています。

スポット測光は、

被写体に対する撮影意図が出来てないといけません。

で、

ハイライト、シャドーコントロールについて

以下、仕上がりNATURAL、諧調標準です。

白を白とする

スポットハイライトコントロール

E-410 ZD ED14-42 F3.5-5.6 ISO100 F10 42mm 

057hi

ESPだと

056esp

やっぱりかなり暗めです。

これを

シャドウコントロールで撮影すると

E-410 ZD ED14-42 F3.5-5.6 ISO100 F9 29mm

058sh

スポット部を黒く落とそうとするので

真っ暗でなんだか分かりません。^^

一方、黒く写したい被写体に対して

シャドウコントロール

E-410 ZD ED14-42 F3.5-5.6 ISO100 F10 25mm

061sh

渋い画になります。

黒を黒く表現する時に使いますが

これは落ちすぎですね。

ESP測光

059esp

ハイライトコントロール

060hi

大雑把に言うと

スポット測光は白か黒をはっきり決めないと

逆に使ったら大変な事になります。^^

ホコリまみれなOM-2は気にせずに、、、、

OM-4TiBのようにワンタッチで使えると失敗するから

ハイライト、シャドーコントロールは

コンパネ操作にしたのかもしれません。

アンダー好きな私が見ても

全体的にアンダー気味に写るのですが(補正無しです)

これは初期ロットの個体差かな~。

シーンモードにあるぶれ軽減モードですが

基本、プログラムモードで、

ISO感度を変化させています。

焦点距離(35mm換算)分の一より

遅いシャッタースピードにならないよう

レンズ情報も取り入れて

ISO感度が自動設定されるようです。

画は載せませんが

焦点距離150mmで暗いところを撮るとISO1600まで上がります。

オリンパスはISO1600を常用感度と判断してますね。v(^^)

また追々、撮影モードについてレポートします。

それは違うぞ!という記述があったらご指摘ください。

E-1やE-300ではこんなマメにやってないのに。^^;

OM-1以来の興奮です。^^

|

« E-410ハイライトコントロール | トップページ | E-410のAFについて »

E-410」カテゴリの記事

コメント

NOBUさんおはようございます。
E-410欲しくなりますね。
一昨日私の所にもズイコークラブよりE-410とE-510のカタログが届きました。
大きさが良いですね。軽快に動けそうでサッと外に出られそう。
私も以前OM-4TiB使用していました。あの大きさと露出設定がお気に入りでした。
E-410のピントの精度と(AFの)スピードはどうなのでしょうか?ボディーの質感は?
また教えて下さい。

投稿: Jyuumei | 2007年4月25日 (水) 08:29

Jyuumeiさん、こんにちは。
E-410は良いですよ~。
作例を見るのもそこそこに
姿形に惹かれました。
小型軽量は動きやすいです。

質感やAFについては記事をアップしますね。^^/

できるだけ欲しくなるように書きます。^o^

投稿: NOBU | 2007年4月25日 (水) 11:29

こんばんは。
リクエストに応えて、詳細レポートありがとうございます。
使いこなすにはそれなりに慣れが必要のようですね。白飛び、黒つぶれ防止をしながら、めいっぱいダイナミックレンジを使い切るのに良さそうな機能と考えればよいでしょうか。
測光ですが、オーバー目にでてしまうよりはいいような気がします。

投稿: NeoN | 2007年4月26日 (木) 00:46

NeoNさん、こんにちは。
エントリー機の機能とすると
使い切らない人が多いかもしれませんね。

たしかに、
オーバーに出るより救い?があります。^^

投稿: NOBU | 2007年4月26日 (木) 16:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133281/14833515

この記事へのトラックバック一覧です: E-410の撮影モード:

« E-410ハイライトコントロール | トップページ | E-410のAFについて »