« ドーム型フード | トップページ | デニム禁止 »

ハーフ&ハーフ

PEN FT F.ZUIKO38mm F1.8 FORTIA SP

No22

2月の小石川後楽園です。

No24

No26

No27

No32

No33

No35

フィルムで撮ると、特にPENなんかだと

同じようなカットを連続して撮ることがまずありません。

後で補正はできないのでフィルムでこそブラケット撮影をしておくべきなのでしょうけど。。

構図を決めて、

大まかに、晴天ですのでここはシャッタースピードは最速。

と言っても1/500です。。

FTですので一応露出計を確認して、感覚で補正して絞りを決定。

ピントを合わせてシャッターをきります。

巻き上げを含めて回す操作は4つ。

一枚一枚が慎重で、撮ったらこれでOKなはず、と達成感があるのは正直なところ。

デジタルでは

あらかじめISO感度等を設定したら自動露出でチャカチャカ撮ってしまいがちです。

モニターで確認できるので露出補正も後付けだったりします。

PENならPENだけを持っていく潔さが、、、とても難しいです。

今はデジタル併用でないと精神的によろしくないです。confident

|

« ドーム型フード | トップページ | デニム禁止 »

写真」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
春になるとNOBUさんのFORTIAが楽しみです。
フィルムの質感、いいですね。最近、デジタルのキリキリ感というか、シャープネスに疲れてしまっていて、
こうしたフィルムの写りを見るとホッとします。
フィルムの写真て、シャープがどうのこうのとか、色がどうのこうのとか言わないで楽しめる感じがします。
こういう写真、好きです。

投稿: NeoN | 2008年3月25日 (火) 09:47

NeoNさん、コメントが遅くなりすみません。

ありがとうございます。年に一度のFORTIAシーズンです。
とは言っても、実は去年の残りで桜を前に撮りきってしましました。coldsweats01

手軽に等倍観察できるデジタルは疲れるときがありますよね。
適正露出のポジスリーブを見ると気持ちがいいです。happy01

デジタルとフィルム。。
撮る時の緊張感と画を見たときの安心感は反比例している気がします。

投稿: NOBU | 2008年3月26日 (水) 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133281/40598612

この記事へのトラックバック一覧です: ハーフ&ハーフ:

« ドーム型フード | トップページ | デニム禁止 »