« 紅葉 | トップページ | 黄葉 »

アートフィルター

平林寺は一回お休みして。


E-30 ZD14-54mmⅡ F2.8-3.5 トイフォト

6606

オリンパスPhotoFestaに行ってE-30を使ってきました。

去年のE-3の体感フェアほどの混雑はありませんでした。

というか、思ったより来場者が少なくてちょっと心配になったくらいです。

大丈夫かオリンパス。

受付付近にはいつものように

おなじみの写真家が撮った大伸ばしの写真が飾ってあって見入ってました。

フォーサーズでも大伸ばしはイケルんです。

会場には手に取れるカメラはたくさん用意してありました。

なのでE-420、E-520 、E-3、E-30が混在しててE-30を見つけ出すとうい作業が必要でした。

E-30だと思ったらE-3だったり。。coldsweats01

やはりトピックはアートフィルター。LIFE IS ARTですから。

面白いですね。happy01撮った先からレイヤー重ねてレタッチを繰り返してたようなことが

シャッターを押すだけで仕上がっちゃいます。

操作は左肩のモードダイヤルをアートフィルタに設定して、OKボタンから十字ボタンでアートモードを選択します。

RAW+JPEGにしておけばオリジナル画像とアートフィルター効果のJPEGが保存できます。

このとき露出はプログラムオートとなってしまうのが残念ですね。

アートと言ってるくらいだから絞りやシャッタースピードは任意に決めたいところです。



ポップアート

6597



ライトトーン

6600



ラフモノクローム

66602

どれも被写体次第ではバッチリハマル画になると思います。

女子部には人気が出ると思われます。

こういう風に誰もが簡単にアートな画を出せるということは

E-30の普及にともないこの手の作風が溢れてくるのかなぁ。

そこがまた悩ましい。

カメラとしては個性的な機能だけど皆が使うと没個性が走り出しそう。。。

色んな画は出てくるんだけど、どれも同じ調子の出来上がりが溢れて誰が撮ったか分からなくなったりして。

楽しいけど、楽しいから、家族写真や記念写真のアクセントとするのが正しい使い方になったりして。

ファンタジックフォーカスなんて結婚式で喜ばれること受けあいですよ。happy01

でも中級機に乗っけてきちゃったんですよねぇ。

マルチアスペクト比もこれはこれで遊べます。

ファインダーには枠はないのでライブビュー前提ですね。

斉藤先生の縦位置16:9はインパクトありました。

フィルターも含めてE-3fにも載るという噂があるとかないとか。

あとファインダーは悪くなかったです。フォーサーズユーザーとしては許容範囲。

電子水準器が便利ですね。ファインダー表示にはタイムラグがあるのが玉に傷。

操作系で、

infoボタンで表示させる画面をキャンセルする機能がついたそうです。

ヒストグラムを見たいのにハイライト、シャドー、総合表示とぐるぐるまわらないといけなかったinfoボタン。

シンプルにカスタムできます。

これはE-3にもファームで乗らないかなぁ。

そして高感度。これは良くなったんじゃないかなぁ。今回の写真はすべてISO800です。

|

« 紅葉 | トップページ | 黄葉 »

E-SYSTEM」カテゴリの記事

コメント

NOBUさん、こんばんは。
レポートありがとうございます。

やはりアートフィルタに注目ですね。
NOBUさんの感想、予測、心配、、、、同感です。
RAW+JPGで、一応元画像を押さえておくことができるのはいいですね。
しかし、なぜカメラ内のみでやらせるのか?不思議です。
オリンパススタジオ等のソフト上で効果をかけるのが順当だと思うんですけれどね。

それにしても、、、「熱さ」がないような。。。NOBUさんに。
やはりE-3ユーザーから見ると、あまり魅力はないですか?機能的にE-3同等というわけではなかったでしょうか。質感とか。

投稿: NeoN | 2008年12月 7日 (日) 00:53

トイフォト・・・
実際におもちゃカメラを持っている私としては
ピントがバリ合っている写真を見ると
なんか、周りが暗けりゃトイだと思っている?
みたいな。

不思議なカメラですねぇ

投稿: ノブーチン | 2008年12月 7日 (日) 16:03

NeoNさん
こんばんは。

そうですね。
ソフト上で処理させるのが適当な気がしますね。
商売上カメラの付加価値とするならば
カメラ内部で処理させるとしたら中級機のこれよりも
エントリー機に乗せるべきかなぁとも思いました。

熱さが感じませんか。happy01
進化した(と思われる)素子や重さとか大きさとか魅力がないわけではないですが
マイクロフォーサーズ控えてたり欲しいレンズとかがあって
今のところ購入が現実的ではないので熱くならないようです。(笑)

投稿: NOBU | 2008年12月 7日 (日) 18:22

ノブーチンさん
こんばんは。

トイフォトも気分を味わうってところでしょうか。
シャープネスとかもっと落としたりしてもよさそうですね。
いっそのことトイフォトモードでは情報を間引いて粗くしちゃうとか。
女子として惹かれませんか?happy01

投稿: NOBU | 2008年12月 7日 (日) 18:27

女子として、
トイカメラ、ピンフォールと
いい加減なカメラを持っている分
あまりにも出来杉君的なモードには
引いちゃいますねぇ。
トイだったら、NOBUさんがおっしゃるとおり
もっと遊んじゃっていいのに!って思いますよね。

ただ、標準レンズIIは
ライブヴューでもぴんとあわせが出来るとか
絞りが丸いとかなんか良い点があるようですけど、
私もこのカメラは買う気になれないですねぇ。

E-3と、500番のシリーズでいいんじゃないかと(苦笑)

投稿: ノブーチン | 2008年12月 7日 (日) 20:40

ノブーチンさん

やはり"本物"のトイカメラを持ってるとそうですよねぇ。
フィルム現像の手間とか伸ばしてプリントする時間とかがあるので
これから入門する人の取っ掛かりにはいいかと思います。

ノブーチンさんもE-3持ってるので当分いいですよね。

投稿: NOBU | 2008年12月 7日 (日) 22:10

NOBUさん、お久しぶりです。
ボクもPhoto FestaでE-30触ってきましたwink

ボクの場合はこの手のレタッチ芸を持ち合わせていませんので、E-30のアートフィルターはかなりグッときました。
特にラフモノクロームはイイですねhappy01

E-30、発表された当初はまったく買う気はなかったのですが、今は結構クラクラきてます。。coldsweats01

投稿: mikion | 2008年12月10日 (水) 01:29

mikionさん
こんばんは。

mikionさんも行かれたのですね。日曜日でしたか。

アートフィルターは簡単で楽しいですね。
後処理でやろうとするとかなり手間だと思います。

>今は結構クラクラきてます。
年内にmikionさんのブログにE-30での作品が載る予感がします。happy01

投稿: NOBU | 2008年12月10日 (水) 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133281/43340908

この記事へのトラックバック一覧です: アートフィルター:

« 紅葉 | トップページ | 黄葉 »