« lotus | トップページ | 子連れ »

ピンホール



E-3 BodyCap Pinhole 15s

1493bw

ボディキャップを使ったピンホールをトライしてみました。

アルミ缶を広げて針でコツンと穴を空けます。

それを大き目の穴を空けたボディキャップにパーマセルテープで貼り付け。

E-P1でやればもっと広角で撮れるなぁ。

ここを1435で撮ると

E-3 ZD ED14-35mm F2.0 SWD

1495

レンズってすごい。

その昔中学生の頃、何とか自分でカメラを作ってやろうと思いつき、

お菓子の入っていたアルミ?の箱と角材と蝶番とスポンジテープと黒ペンキで暗箱を作って

OMのレンズリアキャップに穴を空けマウントとしました。

当然フランジバック平行など出るはずもなく。。強度も大幅に足りず。。

結局、OMのボディキャップにピンホールを施し暗箱は完成としました。

そして結像させるのは印画紙。

フィルムは平面を出すことが難しいばかりか、そもそもフィルムをセットする細工が稚拙な中学生レベルの工作では無理と判断。

暗室で両面テープを使って印画紙を暗箱にセット。

14歳の勘で露光して現像するという繰り返しでした。

何とか適正露光ができたらさらに反転させるために印画紙を重ねて光を当てるという作業。

手間がかかった割りにはかな~りぼんやりとした写真にしかならなかった記憶があります。

この春に実家整理をしたときこのカメラも撮った印画紙も出てこなかったのが残念。

|

« lotus | トップページ | 子連れ »

E-3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133281/45499353

この記事へのトラックバック一覧です: ピンホール:

« lotus | トップページ | 子連れ »