« アートアクアリウム | トップページ | 6Dでアートアクアリウム »

ウルトラスムースファインアート


エプソンプロセレクションブログの「ウルトラスムースファインアートペーパー」モニター。
プリントの報告です
提出期限もギリギリです。


1828
今回はモノクロをいくつか。
ベルベットほどの白さがないのでハイライトがギリギリ乗る写真をチョイスしました。


ウルトラスムースファインアート
1829

ベルベットファインアート
1827


表面はまさにスムース。
滑らかでほんの少しイエローがかった紙にモノクロは目や毛の質感はそのままに柔らかくプリントできました。
一方、比較するとベルベットは意外と硬質な感じで瞳も生体に見れなくなる危険も。

モノクロはウルトラスムースファインアートペーパー(長い)が無難にこなせそうです。
初回のモニターでプリントしたフレスコジクレーも対極で面白いモノクロがプリントできそうです。



試しにカラーもプリントしてみました。
1825
複写だと分かりにくいかなぁ。
どの写真も蛍光灯下でLEDライトを補助光に撮りました。
土砂降りのシチュエーションもかろうじて雨が降っているのが分かります。
これはプリント用紙云々よりも雨を表現する背景が重要ですね。失礼しました。

一般向け(ママ友)に記念写真にマット系のプリントを渡すとお気に召さない場合が多くて
伸ばすときも光沢(染料)で。と、お願いされます。
でもこの紙なら高級記念写真でも好まれる可能性秘めてそう♪

そして紙が厚い!
PX-5500も吸い込みがうまくいきません。。。
引き込む方向にちょっと手を添えると二三回でプリントをはじめてくれます。


来年の写真展はフレスコジクレーとベルベットとこのウルトラスムースでやってみようかと思う今日この頃。
根本さんに教わったことも試してみたい。



今まで3種のプリント用紙のモニターをさせていただいたわけですが、
一番しっくりきました。
テクスチャの載った紙では写真の選択など諸々気を利かさないといけない気がしました。










|

« アートアクアリウム | トップページ | 6Dでアートアクアリウム »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133281/57922176

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラスムースファインアート:

« アートアクアリウム | トップページ | 6Dでアートアクアリウム »