« つるせよさこい2 | トップページ | キク科 »

破壊的イノベーション



このタイトルは前にも使ったような。。 以下、用法は正確ではありません。
2722rn
2台の「1」
E-1が発売されて10年。E-M1の登場で破壊的イノベーションの完結でしょうか。


フィルムカメラからデジタルカメラへの変遷はまさに一部マニア以外からは完全にフィルムを駆逐した破壊的イノベーションでしたが
ミラーレスはデジタルカメラにおいては予想された技術進歩で破壊的だと言い過ぎかもしれません。

8257
でもオリンパスにおいては結果的に破壊的イノベーションとなってしまいました。
言葉の定義としては「市場における支持」が前提になりますが、僕を含めフォーサーズユーザーは必ずしも「破壊」は望んでなかったと思います。

EVF搭載によるフランジバックの短縮でボディ、レンズの小型化。
アダプターを介して利用可能レンズの拡大。
画質はもちろんファインダーの見えや機能、動作が同等以上であれば何の問題もないことは認めざるをえません。
フォーサーズレンズも使えると言ってますし。
8248


E-M1を使ってみてちょっとモヤモヤ。すごく良いから。
これから先の進歩を考えると仕方ないかなぁと思う反面、E-*とそのレンズは続けて欲しかった。
8261rn


2強においてはミラーレスは補完的色合いが濃いし、ペンタックスはK-01はともかくQもまだ1/2.3のままだし。(マウント計と既存レンズのイメージサークルに余裕があるらしい)

で、衝撃なのはソニーが35mm版のミラーレをリリースしたこと。
像面位相差AFの搭載機α7を控えていたのにトランスルーセントミラーのα99でOVFを断ち切りました。(次があるかもしれないけど)
開発陣はA、E共ボディとレンズのリリースは続けると力強く言っています。
全部EVFになってもAを続けるということはあのフランジバックにしか出来ないことがあると判断したからか、像面位相差AFは当分追いつかないと判断したのかはわかりません。
結局は企業体力だったのかなぁ。




フォーサーズとマイクロフォーサーズ開発の時間軸の差は知ることができません。
E-1の発売日からマイクロフォーサーズ規格発表まで約5年。
E-P1発売までさらに1年。その後5ヶ月でEVFが利用できるE-P2を発売。
消費者の心象を考慮した計画ではありません。
つまり使用に耐えるEVFがぎりぎり間に合わなかったと考えられます。
何が言いたいかというと今回も他社頼りのイメージャーに依存してフォーサーズの統合は全く予定されたものではないと邪推します。


8275
パッケージも計画の一貫性が感じられなくて、、E-M5以前のレンズは箱に「OLYMOUS PEN   New Generation System Cameras」って記載しっちゃっています。
限定の12mmブラックはどちらとも違います。
イメージカラーは別としても「MICRO FourThirds」だけでよかったのではないかというつまらないつっこみで締めます。(笑)

愚痴っぽくなったけど決して文句ではなく、ZUIKOは続けます。(^^b





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(OLYMPUS)へ

|

« つるせよさこい2 | トップページ | キク科 »

E-1」カテゴリの記事

E-M1」カテゴリの記事

コメント

オリはマイクロ1本で行くのでしょうかね。
フルサイズがあんなに安く出てくるようになると、またいろいろ変わってきそうです。

そんなことより、,,,楽しい話しをしましょう!

S660 !!!!!!!!!! 最高〜〜〜〜〜〜<^^> BEATの再来ですね!

投稿: NeoN | 2013年10月23日 (水) 13:38

NeoNさん

すみません。
久しぶりに長文書いたら黒くなっちゃいました。(^^;;

S660いいですよね。コンセプトのまま出たら軽とは思えない質感ですね。
置き場所があったら欲しいなぁ。(←家庭的にそういう問題ではない。笑)
NeoNさんは買いでしょうか。

投稿: NOBU | 2013年10月23日 (水) 21:44

カメラがデジタルにならなかったら、きっと私は今のようにカメラを楽しめなかったと思います。
カメラを楽しむ人が増えるイノベーションであって欲しいです。
とは言うものの、Aが無くなって欲しくないという気持ちはありますし、
無くなっても仕方がないとも思っています。

投稿: ひろ | 2013年10月23日 (水) 21:47

ひろさん

デジタルのおかげで写真の間口はかなり広くなりましたよね。v
無くなるかどうかわかりませんがα7ができたらこの先OVFを無くしたAのあり方が重要ですね。

投稿: NOBU | 2013年10月23日 (水) 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133281/58430177

この記事へのトラックバック一覧です: 破壊的イノベーション:

« つるせよさこい2 | トップページ | キク科 »